コミュニケーションで開くエンジニアの道

エンジニアの業界は、男性比率がとても高い状況が続いています。
女性への門戸が開かれていないわけではありませんが、特に開発に携わる場合には激務が必要となる上、欠員ができてしまうと代替がききにくいという仕事の特性から、ライフイベントによってやむを得ない事情とはいえ、戦線から離れなくならなければなる懸念がある女性を、人員として配置しにくいという事実があるのです。

したがって、男性と同じ働き方をしていくのは難しいと考えなければなりません。
結果的に、サポートを中心とした仕事を担うことになるのが多い傾向がありますが、もっと活躍できる道を選びたい人もいるでしょう。
そういった際には個人としての能力で道を切り開くことも可能かもしれませんが、多かれ少なかれ存在する男女間での偏見を払拭できるほどの力がなければなりません。むしろ、男女差に注目して道を切り開くのが得策です。

エンジニアの1つの側面として客商売であるという面があり、その価値を高めるスキルとして、顧客との円滑なコミュニケーションを通してビジネス展開を図れるということがあります。
この点に着目すると、女性はこういった人間関係において男性よりも有利に扱われる傾向があることから、その性別という利点を生かしてより効果的なビジネストークを展開していくことが可能です。
顧客へのサービス提供の際に、営業担当と一緒に行かずとも営業までできるエンジニアとなるとその需要が高まるでしょう。

Start a Conversation

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です