女性エンジニアの仕事への復帰の道

女性がエンジニアとして活躍しながら人生を謳歌していきたいと考える場合には、できるだけ早い段階でライフプランを考えておくことが重要になります。
高度な能力を要する技術者であるため、企業としては必要とはいえ突然プロジェクトの途中で産休等を取ることになってしまうことは痛手だからです。
そのため、ライフプランを明確にしてどういったキャリアパスを描いていくのかを考えておくことが必要になるのです。

エンジニアとして働いていくために、生涯独身で過ごすというのも1つの方法です。未婚のままであれば、女性であることをデメリットとして認識されずに企業においても最前線で活躍していくことが可能になるでしょう。
結婚している場合には子どもを生む気持ちがあるか否かや、職場復帰する気持ちがあるか否かに関わらず、企業としては一度産休を取ったら戻ってこない可能性を懸念しなければならなくなります。
職場復帰することを明言していても、いざ子育てを始めて退職を決意する人も少なくないからです。

したがって、産休で職場を離れた際の道を考えておくことが最も重要です。
職場復帰の他に考えると良い道として、フリーランスをする道があります。
夫がある程度収入があるのであれば高収入となることを必ずしも目指す必要はなく、子育てと両立できる範囲で仕事を請け負っていけばよいという気軽さがあります。
それでいて、エンジニアとしての仕事を担って行くことができるキャリアパスなのです。

Start a Conversation

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です